スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
お忙し週間が終了。
お忙し週間が無事に終了しました。
うん、がんばったと思う。
二日間の夜のお食事が終わったとたんに、脱力状態でした。
何もかもがフル回転だったな。
でも、この仕事をしていたら、そのくらい忙しいくらいじゃなくちゃだめなのかもしれない。
まだまだなんだよな、私の店。
そして、なんと、確定申告も完了しちゃいました。
三回目ともなると、だいぶ慣れてきますよね。
それに、昨年、一昨年のように開店、リニューアル時の帳簿上のややこしい事もなかったしね、ささっと終わりました。(*^^)v
しかし、申告するたびに思うけど、ほんと厳しいなと思う。
リアルな数字を目にすると、「まだまだ頑張らないといけないな。」って思います。
うん、来年こそは人生初の「へそくり」が出来るように頑張ります。 
先日、店のすぐ近くで開店したカフェの方が遊びに来てくれたんです。
30代の若いお母さんで、お子さんが三人。
何やら、ずばずばと物をおっしゃる方でした。
まぁ、そんな人も嫌いではないのですが、「こちらはとても敷居が高いイメージがあって・・・。」と話してくれました。
そうなんですよね、前からそう思われているなとは思っていたんです。
ここね、すごく難しいところなんです。
あまりに砕けてしまって、ファミレスに行くイメージになってもらっても困るし、かといって、「おほほ・・・。」なイメージになってしまっても困るし、ほんと、難しい。
まぁ、来ていただければ、私が砕けきっていますので、敷居が高いなんてこともないってわかっていただけると思うんですけどね。
今、私の店のお客様の年齢層は50代が大半です。
これを40代まで下げたいなって思っているんです。
30代の方にはね、ちょっと難しいかなって思っています。
というか、私が30代の方の好きなものが解かんないのです。
40代の方って、今子育てに一番お金のかかっているところですよね。
そんな方々が、子育てを終了して身軽になったら来てくれるといいなって思っています。
先日、夜のお食事会に来てくれた高校時代の部活の仲間たちを見ているとランチだとか、織りだとか、オーダーして世界に一つのものを作ってもらうだとか、言ってられないのだろうなっていうのがよくわかります。
でもね、そんな方たちにも、コーヒー一杯だけでもホッと出来て癒される空間になれたらいいなって思うのです。
って事は、少し敷居が高いイメージはなくさないといけないのかな。
あぁ、難しいな。
でも、このことはあまり考えるのは辞めよう。
これ、突き詰めていくと、私の店の個性がなくなっちゃうもんね。






ちょっと前から、リバティーの布に興味シンシンで、発注したものが届きました。
今の制作作業は布張りの小さなお道具箱を作っている最中なんだけど、これがこのリバティーちゃんのおかげで集中できなくなっています。
気持ちがリバティーに行っちゃってるから、手元に集中できないの。
今日はきちんと集中して作業しなくちゃ。
お道具箱、後2点制作して、その後リバティーちゃんと向き合います。
外は雪模様だし、今日は店は静かだな。
今年三度目の雪が降っています。
これ、また積もるな。
土曜日に降った雪で長女が事故りました。
相手もいないし、怪我もないのが幸いですが、家のすぐ近くのカーブを曲がり切れずに、50センチのコンクリートの壁を乗り越えて森に突っ込みました。
車は大破。
よく怪我がなかったもんだ。
久しぶりに、長女の泣き顔を見ました。
私も気をつけよう。
車って怖い。





よし、そろそろ開店。
そして、作業開始です。








【2010/02/16 10:43】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<作品展に向けて進み始めています。 | ホーム | お忙し週間、第一日目終了しました。>>
コメント
お嬢さま、大変でしたね。
さぞや怖い思いをなさったことでしょう。
私もかつて、雪道をバイクで走る、なんて 今から思えばとんでもないことをして、とっても怖い思いをしたことがありましたが、自分はちゃんと走っていても、やっぱり車って怖い。
お怪我がなかったのが 不幸中の幸いでした。ただ、精神的なことのほうがご心配ですね。
一日でも早く、お嬢さまのお顔に笑顔が戻りますように。

私はまだ、ローズママさんのお店に寄せていただけていないので、お店の雰囲気を直に味わえてはいないのですが、「敷居が高い」っていう言葉の持つイメージとは違うんじゃないかな、なんて(あくまで勝手な想像なんですけど・・^^;)思っております。
うまく言えないんですけど・・。
確かにいろんな事にお金もかかって、なかなか余裕のある生活って難しいですけど、癒される空間を堪能しに(!)今年こそは是非是非、静岡までびゅん!と走って行きたいな~。
【2010/02/16 20:35】 URL | じょにで #-[ 編集] | page top↑
お嬢さま!!
何はともあれ、ご無事で本当に本当によかった。
もちろん、ショックでこころは痛くてたまらないと思うのですが、とにかくからだが無傷であったこと。これは本当に素晴らしいことです!!
きっとね、いま運転の怖さを身を持って知ったことで、もう一生、危ないこと、怖いことは起こらないと思うんです。
ああ、本当にほっとしています。

ローズママさんのお店は、ひと言でいうと、「非日常」。
日常を忘れて、ファンタジーのなかにどっぷりつかれる、夢の空間なんです。
そこでローズママさんとお話でもすれば、日頃のこころのアカやホコリなど、きれいさっぱーり! 取れてしまうというか。
ひょっとして、「敷居が高い」という発言は、日常を離れる習慣がないゆえに出たコトバかもしれないな、と思いました。
きっとそのお客さま、ヘビーリピーターになりますよ! そんな予感がしています♪
【2010/02/16 21:29】 URL | ユウコ #-[ 編集] | page top↑
じょにで様
長女の事故現場は、家から見えるところだったんです。
きっと、気が緩んだんだと思います。
ほんとに、よく怪我がなかったと不思議になるくらいの惨状で、朝主人が現場を確認に行ったら、いろんな部品が散乱していたそうです。
怖い思いをしてしまったけど、これをきっかけにより一層安全運転に心掛けてほしいものです。
私の店は、置いてある商品が「織」だとか「染め」だとか「天然石」なので、聞いただけだとお手軽感はないかもしれないのかなって思うんです。
それにね、私の店に来た時だけは、ちょこっとだけでも贅沢な気持ちになってもらえるのもいいかななんて思ったりもします。
じょにでさん、ほんとに今年こそぜひいらしてくださいね。
全然、敷居は低いですからね。(^^)
【2010/02/17 20:01】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
ユウコ様
長女の事故の件、今思い返すと笑えちゃうんですけど、主人が飲みに出てしまっていたので、長女と二人で車を残して一度家に戻ってきたんです。
なんと、長女は自分でレッカーの手配をしていました。
そんなことをしながら心を落ち着けていたようです。
ご心配をおかけしました。(^^)

ユウコさん、そうなんですよ。
日常から離れる空間にしたいんです。
そして、私もちょこっとそのお手伝いができれば、私も幸せなんです。
確かに、日常から離れる習慣がない人っていますよね。
たぶん、そんな人には面白くもなんともない店なんでしょうね。
私自身がね、この店で毎日生活していて、非日常的な生活をしたいんだな。
非日常過ぎて、魔女にならないように気をつけます。(^_^;)
【2010/02/17 20:08】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rouzumama.blog119.fc2.com/tb.php/61-2ca8bbad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。