スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
気がかりなことは色々とあるけどね。
やっと、来月のもろもろの予定が立ちました。
来月は12月になってすぐに1周年フェアがありますので、早めにお知らせのはがきを出したかったのです。
毎月体験教室の講師をお願いしているアクセサリー作家さんは一カ月お休みしてもらうことにしました。
彼女、そろそろ作品展があるので、それどころじゃないだろうと思うし、11月は本当に忙しく、体験教室とイベントでへとへとだと思ったんですよね。
しかし、彼女はお客様からの要望があれば、なんでもやりますと言ってくれて、本当にありがたいです。
その代りに、クリスマスリースの体験教室を開けることになって、即告知いたしました。
とってもオリジナリティーがあり豪華なリースなのです。
たくさんお客さんが集まってくれるといいなと思っています。
そして、昨日はあるところでお知り合いになった陶芸作家さんが作品を持ってきてくれました。
作品的には問題なし。
私の店によく合うものだと思います。
後は、作家さんときちんと意思の疎通ができるかどうかですね。
昨日話した段階では大丈夫。
そして、急なオーダーにも対応していただけるし、出張体験教室もやっていただけるとのことです。
私の店で陶芸ができる日が来るなんて思いもよらなかった。
来年、早いうちに実現させたいです。
怒涛のランチと体験教室の日々が終わって、店はとっても静かだけれど、今日は来月のお知らせなどもろもろの事務作業ができたからよしとします。(^^)

さて、水曜日に抜歯したあとの傷の状態ですが、腫れもたいしたことなく痛みもそれほどひどくなく、無事に仕事ができています。
まぁ、次の日は顔全体が腫れぼったかったり、頭痛がしたりで調子がいまいちだったけど、もう大丈夫です。
それにしても、痛くないって本当に幸せです。
痛みを感じることがない気持ちよさをしみじみと味わっているところです。
でも、落ち着いてきたら抜けた歯の後の治療ってどうするのかが気になってきたんです。
上の歯、奥から二番目がすっぽりないんですもん、きっとこのままじゃないんだと思うんです。
いや、考えるのはやめようと思う。
なんていっても、きちんと食事ができるようにしてもらわねば、仕事にも差しさわりがある。
今朝ほどから、やっとやっと味覚が戻ってきたんですよ。
抜歯する前、歯が痛みだしてからずっと味覚がくるっていたんだもん。
甘いものが甘く感じられないほど悲しいことは無い。
なんとか次のランチの日までにはきちんと味覚が戻ってきそうです。

そして、昨日は父の病状を詳しく聞きに病院に行ってきました。
今まで母と父が先生から聞いていたんですけど、二人とも動揺しているから、こちらまできちんと話が伝わってこないんです。
なので、主人と妹と三人で先生にきちんと話を聞こうってことになって行ってきました。
結局、妹は子もどの塾の送り迎えがあって、私と主人の二人だけでしたけど。
うん、非常によくないようです。
胃ガンのほかに動脈瘤が三つ見つかり、その他にも糖尿病があるのだそうです。
胃ガンも相当進んでいるらしい。
でも、先生は胃ガンの治療を最優先させるのだけど、できるだけその他の病気も治すようにしてくれるとのことです。
手術の成功率は40パーセント。
これって、どうなんだろうか、いいのか悪いのか・・・だって、もし成功しなかったとしてもその後すぐにどうにかなるわけじゃないよね。
今、77歳だからもしかしたら世間でいう長生きの年齢までは生きられちゃうかもしれないと思うんです。
先生の話を聞いていて思ったのは、長く患うのかなってこと。
まぁね、あの年齢になるとすでに痴呆が始まって、通常の生活が出来ない人もいるし、死ぬときまで元気でいられるのがいいに越したことは無いけど、治療しながら体を大事に余生を送るってところかな。
・・・って、実家に行って冷静に話をしていたら、またまた母と妹がしくしくと・・・。
気持ちはわからないではないが、人はいつか死ぬのだから、残される方も泣いてばかりではいけないよね。
母なんて、「最後は痛くないようにしてもらおうね。」なんて、すぐに死んじゃうようなことを言う。
人生何があるかわからないんだから、父のことばかりに気を取られていて、事故でも起こしたら私たちの方が先にってこともあるんだからね・・・と言ってしまいそうなところをぐっと我慢。
実家からの帰り際。
「お父さんのことはね、病院に任せてあるからどうしようもないけど、私はこの家の人たちのことの方が心配だよ。しっかりしてくださいよ。」って言い残してきました。
たぶん、「鬼!」と言われているでしょう。
でも、べそべそばかりしていちゃダメなの。
20年間、病人がいる家で暮らしていた私はそう思います。
とりあえず、手術で胃の悪いところを取ってしまった後は、食事ができるようになるとのことですから、それは安心。
おいしいものが大好きな人だから、それだけはよかったと思います。

気がかりなことはたくさんあるけど、とりあえず目の前の仕事をきちんとやらなくちゃね。

さて、一日中パソコンとにらめっこしちゃった。
今日は早めに夕飯にして、夜はゆっくりしよっと。

【2009/11/21 16:35】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
<<もう少ししたら、ほっこり暖かな時間が戻ってくるはず。 | ホーム | 抜歯しちゃった。(;一_一)>>
コメント
よかったー!!
抜歯後、あまり腫れずにすんだのですね。
わたしなんか、この丸い顔がますますまん丸に膨らんでしまって、とんでもない状態になったので、しばらくマスクで生活していたんです。
味覚も戻ってきて嬉しいですね。
美味しいモノを味わえないと、仕事へのパワーが弱まってしまいますモノね。
完全に治ったら、何が召し上がりたいですか?!

お父様、成功率が40%なら、きっとその40%のなかに入ります!!
成功率が0でないってすごいこと!!
希望が持てることだと思います。
これを機会に食餌療法も教わって、糖尿病もやっつけてしまえるといいですね。
ローズママさんも心労がおありと思いますが、何かあったらわたしが聞きます!
いつでも、何でもおっしゃってくださいね。
【2009/11/24 21:20】 URL | ユウコ #-[ 編集] | page top↑
ユウコ様

そうでしたよね、たしかユウコさんは腫れてしまったんでしたよね。
私も、痛みと腫れは覚悟していたんですけど、幸運なことにどちらも大したことなくてすみました。
しばらく、思うように食事ができなかったのですけど、なぜかポテチが食べたくて仕方がなかったんです。
なので、昨日食べました。(*^^)v
かなり大量に食べてしまったので、胸やけしましたけど、大満足です。(^^♪

昨日、先生から手術の詳しい説明を聞いてきたんですけど、父の病状を聞けば聞くほど、よくもまぁ、こんなにひどくなるまで放っておいたものだと、呆れてしまいました。
貧血もかなりひどいみたいだし、第一大好きなお酒が飲めないほど気分が悪い毎日だったんですから。
とにかく、成功を祈るのみです。
ありがとうございます。
聞いてくれる人がいると、本当に心が軽くなります。
いつも、お世話掛けます。<(_ _)>
【2009/11/25 20:26】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
抜歯後の経過は良好だったようで、よかったですね!
私も親知らずを4本とも歯茎の中に生やしている身ですから、とても他人事とは思えず、ドキドキしておりました。
お食事もOK,とのことで、一安心ですね。

お父様、ご心配ですね。
でも、いまやがんは治る病気となっております。ユウコさんもおっしゃっておられるように、希望を持って治療を受けていただきたいです。もちろん、ご家族のみなさまも。
どうぞ、お疲れのお出ませんように。
【2009/11/25 21:41】 URL | じょにで #-[ 編集] | page top↑
じょにで様

まだ、すっぽりと穴があいている状態で、物をかむなんてもってのほかなんですけど、それでも日々回復しています。
何しろ、味覚が無くなると、仕事になりませんからね。
一安心です。

父のことは、病院にお任せするしか無い状態です。
時々顔を見に行っては励ましていますが、食べられない状態ですし、貧血もひどいので一気に老けてしまっています。
とりあえず、手術をすれば食事はできるようになるそうですから、それだけは救いです。
まわりがあきらめちゃダメですよね。
本人はこれから大変な手術に耐えるんですもんね。
ありがとうございます。
【2009/11/25 21:49】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rouzumama.blog119.fc2.com/tb.php/25-12e75acb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。