スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
今の自分を見つめてみた。
一昨日の日記、へこたれちゃってましたね。
あの日は朝から帝劇のチケットが気になっていまして、それとともにパニックも盛大に襲ってきていまして、生きた心のしない一日でした。
夕飯を食べるときに「気持ち悪い・・・。」ってぐずぐず言っていたら、長女に叱られまして、やっと薬を飲みました。
パニックの奴、きっと私が素直に薬を飲もうって気持ちまでも嵐のようにザザーッと押し流すんです。
やだやだ、ほんと嫌。
昨日と今日は、まぁまぁですね。
昨日は友達が遊びに来てくれて、たわいもない話に気が紛れたし、今日はなぜだかとても落ち着いています。
それでも、朝から「なんで、こんな病気になっちゃったんだろう。」って調べ物をしていたら、ひょんなことから素晴らしく幸せになるツイッターのつぶやきを見つけて、ほわんと気持ちが軽くなりました。
こうやって、何でも無い日は「パニック障害って何?」って、他人事のように思えたりもするのです。
お薬飲みながら、ちょっとづつ良くなればいいの。
そう思える今日です♪

色々調べていて、はじめて知ったんですけど、よく知っているあのアイドル君がパニックだったり、あの女優さんとか、お笑いタレントさんとか、芸能界にもたくさんいるんですね。
芸能界だからいるんだね。
人にいつも見られている緊張感のある仕事だもん。
たぶん、藤ヶ谷さんや彼らもそんな厳しい緊張感の中でお仕事しているんだよね。
ほんと、彼らの心がいつも健全な状態にありますようにって思います。
そう思ったら、時々見せる不機嫌そうな顔も、不満そうな顔も許せちゃうね。

そして、もう一つはパニック障害になった人が、自分の症状を話すときに必ず「言葉では言いようのない気持ち悪い恐怖感に襲われる。」って説明するんだそうです。
そう、私もそうだもん。
ほんと、自分の状態を解かってもらうのに苦労するの。
どうやら、この恐怖心って始めは外的な物から始まるんだけど、何度かそれを経験するうちに自分の中で「今度、ああなったらどうしよう。」って予期して不安を作りだしているんですね。
だから、なかなか自分の状態を言葉にしにくいのだそうです。

私が、こうやって具体的に自分のパニックの事を考えるのも良い事なんだって。
客観的に見るという事が、早く治る事につながるんだそうです。
「怖くたって死んじゃわない。」とか、「まぁ、倒れたら倒れたでしょうが無いじゃん。」って思えるようになったら、もう完治は目の前。
うん、わかっているんだよ。
それはね。
それがなかなか難しいのさ。
そう思えないから、お薬の飲むんじゃんね。

ということで、明後日の帝劇に備えて、今日は色々自分を見つめていた一日でした。
明日は、きちんとお薬飲んで、ぐっすり眠って帝劇に備えます。






今日もこんな話でごめんなさい。



【2011/09/26 20:59】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<行ってきました♪ | ホーム | 弱音、吐きます。>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rouzumama.blog119.fc2.com/tb.php/190-0ba1c218
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。