スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
いやー・・・久々の夫婦喧嘩ですよ!
なんだかくたびれちゃったな・・・。(;一_一)
あっ、昨日もそんな日記を書いちゃったけど、昨日とは全く無関係。
この場合、よその奥さま方だったらどう対処したんだろう。

まぁ、せっかくだからちょぴっと今日の出来事を皆さんに聞いていただこう。
書いているうちに、この私のくだらないもやもやも収まるかも。

事の発端は、昼間の主人からの電話で始まりました。
いつも行っている飲み屋がリフォームをするので、その荷物を預かることにしたので、物置を貸してやってくれという内容でした。
数年ほど前から通っているスナックなんですが、そこのママさんととっても仲良しなんですね。
まぁ、このママさん、時々我が家をおとづれては「お世話になっています。」と言って、お歳暮やお中元のようなものを届けに来るのです。
はっきり言いましてね、主人がスナックのママさんと仲良くなろうが、浮気心が芽生えようがあまり関心は無いのです。
家族の生活がきちんとできている状態なら、そんなに私はうるさく言いません。
ところがです。
最近ね、私たち家族のプライベートな部分にこのママさんが登場するんです。
夏にはなぜか自分の店のお客様を我が家に呼んでバーベキューなど、やらかしてくれちゃいました。
まぁ、主人も一緒に盛り上がったのでしょうからね、ママさんだけを責めませんし、この件に関しても私はなーんにも言いませんでした。
むしろ、知らん顔もおかしいかなと、へらへらしながら「主人がいつもお世話になっています。」なんて、ママさんとその他のお客様にあいさつしちゃったりしましたよ。
で、今日の件なんですが、軽トラで二回分の荷物が我が家の物置に運び込まれたんです。
たとえば、私が荷物を預かってもらう方だとしたら、そうママさんの立場だとしたら、「面倒なことをお願いして申し訳ありません。」と一言声をかけます。
これ、常識ですよね。
ところが、何も無し。
さっと来て、ささっと荷物を運びこんで、ささっと帰っちゃった。
2回とも。
我が家の物置って、ちょっと敷地の奥にあるんです。
まるで、自分の家に荷物を運び込むような当たり前の事のように思っているとしか思えない行為。
私ね、今日はちょっと我慢が出来なくなっちゃったんです。
先ほど、主人が帰ってきましたので、「あのママさんとの関係はどういう関係?まるで、自分の家に荷物を運んできたような行動だったけど?」と、言葉を濁すことなく聞いてやりましたとも。
主人がどぎまぎしちゃって、しどろもどろっていうのを予想していたんですけどね、すごく冷静な態度でした。
「ちゃんと言っておくよ。」って言っていました。
私、「いや、些細なことでやきもちを焼いて、大人げないって思われたら嫌だから、言わなくていい。」
主人、「だって、またいつか、誰かに嫌な思いをさせたらその人がかわいそうだから、ちゃんと言っておく。」
私「まぁ、言いたいなら言えばいいけど、私はこの怒りを他に言うところがないから、あなたに言っておく。」
まぁ、あれこれ細かい会話はあり、久しぶりに夫婦喧嘩風の雰囲気にはなりましたが、とりあえず私のこの怒りの気持ちは伝えておきましたよ。
はぁ~、疲れた。
いつもはね、もう夫婦喧嘩って言うのも疲れちゃうんで、会話をしないんですよ。
必要最小限の連絡事項のみの会話です。
久しぶりに感情的になって会話をしたら、くたびれたってわけです。

ほんと、疲れた。
はぁ、美人さんのママさんと、これからも仲良くやってくださいまし、とりあえずプライベートな部分には入ってこないようにしていただきたい。
それにしても、ああも冷静に対応されると、こちらの方が悪いような気がしちゃう。
ちょっと悔しいじゃないか。

でも、すっきりした。
読んでしまった方、くだらない夫婦げんかしてるなーって、笑ってやってくださいませ。(^_^;)




ということで、一件落着?なので、仕事しよっと。









【2009/10/27 21:06】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<痛いです。( 一一) | ホーム | いつ休める?>>
コメント
とりあえず、一件落着してよかったですね。
すごく素敵だな、と思ったのは、ローズママさんがきっちり冷静に、ズバっと自分の疑問点をご主人さまに訊かれたことです。
これって本当に信頼していないとできないことだし、また、ココロが成熟してないとこうはいかないと思うんです。
よく、ちゃんと問い質しもしないでぴーぴー言ってるお嬢ちゃまがいるでしょ(笑)。

でも、あれですよね。
わりと、そういうお仕事をされているかたって、ヒトからの好意を受けることを当たり前だと思っているから、結構大胆に、自分の都合で動いたりするんですよね。
勿論みんながみんなじゃないですけど。
たとえば、ママ友さんがどこかでこんなことをしたら、一発で総スカンですよね(笑)。
いや、すごいヤラカシでしたね。
「ヤラカシママ」なんてあだ名がついたりして(嘘嘘)。
【2009/10/28 19:02】 URL | ユウコ #-[ 編集] | page top↑
ユウコ様

恥ずかし話を聞かせてしまいましたね。
争いごとにエネルギーを注ぎたくないって気持ちが大きかったんで、どうすればズバッと言いたいことが伝わるかなって、主人が帰ってくるまで考えていたんです。
この件に関しては、半年ほど我慢してきましたから、もう我慢できねーな状態だったし、一度ははっきり言っておくべきかなって、そうも思いました。
どっちかって言いうと、私の方が落ち込んでもいいはずなのに、主人が元気が無くなっちゃって、どういうわけか、私が悪者になっている感がするのが納得できないんですよね。( 一一)

ユウコさん、長女が同じことを言っていました。
簡単に言ってしまえば、「厚かましい。」って感じでしょうか。
ヤラカシ!
そうそう、それそれ。
主人の仲良しママさんっていう見方よりも、おんなじ女として好きになれないタイプなんですよ。
【2009/10/29 12:03】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rouzumama.blog119.fc2.com/tb.php/15-fc23fad4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。