スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
代々木までもう少しだね。
やっと気がかりだったオーダー品が仕上がりました。
後は気に入っていただけるかどうかだけ。
すごく抽象的なご注文だったので、あとはどれだけお客様の好みを私が把握して仕上げられるかが問題だったのです。
気に入っていただけますように。



京都旅行、とっても楽しかったです。
一日目はとっても暖かで、計画よりもたくさん見て回る事が出来ました。
二日目は寒かったですね。
でも、ふらっと入った食堂も美味しかったし、すっごく寒くなる前に新幹線で帰ってきたので、寒波に襲われることなく旅行を終えられました。
しかし、私+娘二人はやっぱりまわりの女性が興味のないところに目が行くのです。
西本願寺のかわら屋根の美しさに夢中で「あの、すらーっとしたラインが素晴らしいよね。」とか、二条城の厚さ35センチの欄間に感激して、三人頭をくっつけて「すごーい!すごーい!」と大騒ぎしたり、やっぱり変でした。
次女が日本史が大好きで、ガイドさんみたいに説明してくれたのが面白かったです。
女子三人が一番テンションが上がったのが、祇園の梅干し専門店。
店のおねいさんが試食で出してくれる梅干しを、「あっ、さっきのよりしょっぱい」とか、「これ、甘くて上品すぎるから、ご飯には向かないよね。」とか、「もっと、味が濃くて酸っぱいのはありませんか?」とか、散々大騒ぎしていっぱい買ってきました。
関係ないですけど、こういった時のリアクションがすごく大きいので、スーパーで務めている時に試食のさくらによくつかわれた私です。
主人は晩酌が足りないと、若干すね気味でしたが、新幹線の長旅にも飽きることなく、かしましい女子と二日間おともしてくれました。
京都って、二日間は絶対に全てを楽しむなんて無理。
たぶん来年もまた京都に行く事になるんじゃないかな。
今月より、家族全員で来年の京都旅行のために積み立てを始めることになりました。
いつも一緒に生活している家族だけど、遠くに旅行に行くのはいいよね。
けんかもしちゃうけど、家族の楽しそうな顔を見られるのは幸せです。




旅行やら、仕事やら、なにやら慌ただしい毎日ですが、きょうは藤ヶ谷さんが載っているというママさん雑誌を次女が買ってきてくれました。
ここ最近の藤ヶ谷さんの雑誌への解禁状況には、全くついていけていません。
ファッション誌は全部買っているかな。
今日発売のこの雑誌は素晴らしかったですね。
私は最近買ったファッション誌の藤ヶ谷さんを順番に開いて飾ってあるんだけど、今日からはこの雑誌を飾ります。
記事もね、お父さまとお母さまの事が書かれていて、親の気持ちの方も分かったりするものだから、ジーンときちゃった。
超現実主義の私は雑誌に関しては、藤ヶ谷さんがどんなに熱く語っても、「そうそう、そうだよね。」とか、「生きていくって大変だよね。」とか、「頑張った先には絶対に何かが待っているさ。」なんて、思うくらいでうるっとするなんて事無かったんですけどね。
あの記事を読んでいたら、これから先、まだまだ腰をぬかしちゃうくらいに素晴らしく感動的な出来事が待っているんじゃないかなってそう思えて仕方がありませんでした。
彼らがデビューして、華々しく歌番組で歌う姿もきっとそれはそれは感動的なことだと思うけど、もっともっとその先に何かあるような気がします。
代々木までもう少しだね。
チケットも届いたことだし、頑張ってお仕事して、サードコンサートファイナルの日を迎えようと思います。





【2011/02/01 21:12】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
<<今からいっぱいいっぱいの私です。 | ホーム | もうすぐ京都>>
コメント
京都、楽しまれたようですね。
私も、ゆっくり京都をあるいてみたくなりました。
生麩、召し上がられたのですよね。私、もうほんと、「生麩」大好きなんです。お気に召されましたか??
あ~~、生麩食べたい~~。

その雑誌、うちも娘が買ってきてくれました。素敵でしたね。
最近の露出の多さに、ちょっと訳が分からなくなってきた??なんてちょっと思ったりもしましたが、あの雑誌だけはどんな写真で、どんな記事だったかを忘れられないと思います。

ほんとにもうすぐ代々木ですね。
お会いできるのを、たのしみにしております!!(チケット、1公演分はなんとかゲットできそうです。あとは、まだ頑張ってさがしています!)
【2011/02/04 19:39】 URL | じょにで #-[ 編集] | page top↑
じょにで様
じょにでさんと歩いた道を、もう一度歩いたんです。
清水寺から知恩院まで歩こうと思ったら、次女がギブアップしてしまってダメだったのが心残りなのです。
生麩は、その清水寺からずっと下ってくる階段の辺りの路地には行ったところで食べました。
今でも味が思い出せるくらい美味しかったんです。
京都の食べ物は薄味で私は大好きです。(^^)

comoですよね、とてもいい表情でした。
テレビの上の小さな棚にそのページを開いて飾ってあるんですけど、見るたびにドキドキしちゃって大変。
男って、覚悟が決まると本当に惚れ惚れするほどいい顔になりますよね♪

代々木のチケット、どうされたかなって思っていました。
それでは会えますね!
あともう少し、頑張ってお仕事してその日に備えております(*^^)v
【2011/02/04 21:04】 URL | ローズママ #RUgJwKBA[ 編集] | page top↑
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
→http://rouzumama.blog119.fc2.com/tb.php/131-9de0fdcd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。