スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
昨日、日生に行ってきました。
やっぱり大好きです。
あの場所はね。
東京駅でじょにでさん母娘と落ちあわせをして、大事な大切なチケットを頂きました。
びっくり仰天な素敵なお席で、私と次女の歓喜の声が東京駅じゅうに響き渡ったと思うのです。
じょにでさん、本当にありがとうございました。
帰りに次女と話したのですけど、自力では全滅でしたから、今回ほどチケット運のない公演は無いよねと話していたんだけど、実は最高のチケット運でこの公演を見に行けたんだねって。
細かな表情一つ一つが心に焼き付いています。
実は私、シャチョーの作るお芝居に拒否反応がありまして、今回はどんなもんじゃいと恐る恐るの観劇でした。
しかし、良いお話でしたね。
見終わった後、ちょっぴりの虚しさと寂しさと、ほっこり暖かな気持ちが残りました。
藤ヶ谷さんはですね・・・彼にはもっともっと大きな舞台に立ってもらいたいと、その現状に満足することなく、上を上を目指してほしいとそんな風に思いました。
昨日の藤ヶ谷さんはとても素敵でしたよ。
かなり近くで彼のお顔も見ることが出来たけど、少し見ない間にまたまた大人になってしまって、まぶしくて直視できないほどでした。
舞台の上って、役者さんのその人となりを正直に見せてしまう怖いところだって聞いたことがあります。
なんとなくね、彼の今の気持ちなんかが伝わってくるようでした。
これについては観劇後、じょにでさんとお嬢さんと私と次女でお話をしたんですけど、共通の意見でしたね。
うん、間違いはないと思います。
そして、それは私たちの願いでもありますよね。
彼はシューっとスリムになっていて、でも桶ダンスのシーンではとてもきれいな体を披露してくれていました。
あの奇麗な背中のライン、腰から下のふわふわっとしたお肉をオペラなしで見られたのは本当に幸せ。
もう、彼らには怖いものなんてないよね。
あんなことも乗り越え、そしてほら、あんなことだって乗り越えてきて、こんどは桶ダンスだよ。
きっと、次に会うときにはすごいことになっているんだろうな、彼ら。
あっという間に夢の様な時間は過ぎて現実の世界に引き戻されちゃったな。
でもね、お芝居だったけど、彼は役になり切っていたのだけど、藤ヶ谷さんが心を開いていたような気がして大満足の観劇だったのです。


スポンサーサイト
【2010/09/21 10:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(6) | page top↑
体調不良の原因は・・・。
あの、1週間前の大風被害の日から、もう体調が最悪でした。
うん、なんとか戻ってきたかな。
まぁ、いろんなことが重なったんだけど、一番の体調不良の原因は、店が暇なのと仕入れに行った次の日の子宮がんの精密検査です。
知れはね、ただただ体力を使っただけなので体を休めればいいだけなんですよ。
精密検査のほうは、子宮がん、子宮頚がんともに大丈夫でした。
しかし、子宮内にポリープがたくさんあって、その場で数個とってもらいました。
もうね、これが体調不良の最大の原因。
先生は切除しながら「ちょっと痛かったらごめんね。」とかなんとか言っちゃって、やっているわけなんですけど、私は遺体の大嫌いなんですよ!
もう怖くて怖くて・・・体中に力が入っちゃうし、貧血起こしちゃうし大変でした。
一人で言ったので、自分で運転して帰ってくるしかなくて、がくっと倒れこみそうなのをなんとか我慢して帰ってきました。
子宮って大事です。
ちょっといじられただけであんなに具合が悪くなっかゆんだもん。
怖い先生だけど、これからもきちんと見てもらおうと思う。
で、その取り去ったポリープは検査に出してあるので、これで疑いが晴れれば私も心から安心できます。
たぶん、先生は私が子宮内のどこかにガンを隠し持っていると思っているんだろうな。
まぁ、がん検診のたびに、疑われるような数値が出るわけだからしょうがないよね。
で、その後数日は起き上がれないほど体が重く、でも仕事やら同窓会の打ち合わせやらで、ゆっくり休めなかったのですが、昨日あたりからなんとか体も気持ちも軽くなってきました。
気持ちというのはね、店がどうしようもなく暇だったから気がめいっていたんだけど、気温が下がって過ごしやすくなってきたら、ランチの予約が入ったり、秋の新作お洋服のオーダーが入り始めたりしたので、なんとか気力が戻ってきました。
10月のイベントまで、また全力ができそうです。

あぁー、よかったよかった。
気持ちは滅入るし、体調は最悪だし、もう立ち直れないかと思っちゃったもん。

全国放送のニュースでもたびたび放送された台風の被害にあった場所は、隣の町であって、次女の勤務地なんですが、まだまだ普及出来ないようです。
次女の会社はまったく普及の見込みが立っていないんだって。
次女はまだ被害の片づけをしているのだそうで、疲れきって帰ってきます。
道路もまだまだ寸断されていてとても不便です。
店のお客様の中にも被害にあわれている方がいるのだと思うんです。
一日も早く元の生活に戻れますように、祈っております。





今日は定休日。
体を完全復活させるために、朝からちゃちゃっと家のことを済ませちゃって、昼からゴロゴロしています。
これから夕飯の支度まで、そして夜も絶対にゴロゴロする。
今日はゆるゆるするって決めているのです。


もうちょっと頑張ったら日生だもん。
観劇も楽しみだけど、先週の東京行きでゆっくり出来なかったら、そっピング出来たらいいなって思っています。

わぁ~い!
たのしみだよ~ん!


【2010/09/15 15:56】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
待つ身は辛いよね。
久々に地元に台風がやってきました。
ここは富士山があるせいか、台風の直撃ってあまりないんです。
今日は朝から豪雨でした。
長女の会社の工場は川に流されそうになるし、次女の会社は水浸しでだそうです。
私は定休日で、雨だからなーんにもしないでゴロゴロしちゃうもんねなんて雨の轟音を聞きながらお昼寝してたら、畑に流れる小川が氾濫して小さな橋が流されたらしいです。
旦那さんが帰って来て発覚しました。
そういえば、次女の会社のあるとなりの町の川が大変なことになって、全国放送のニュースで流されてましたね。
次女の会社は泥が事務所に流れ込んできてしまったために、ネット網が壊滅してしまったとのことです。
明日は片付けとか言ってましたね。
軍手とか長靴とか用意していました。
私といえば、本当は今日、東京に仕入れに行くはずだったんだけど、行けませんよねこれでは。
なので、明日行ってきます。
連休にしてあったんでよかったです。
東京はまだまだ暑いですよね。
なので、朝早く出て、ちゃちゃっと仕事を済ませて早めに帰宅しようと思っています。
本当は、ここのところまったく遊んでいなかったので、ショッピングでもしてこようかと思っていたんだけど、辞めとこうと思っています。
ものすごーく早く仕事が終わったら、新宿のデパートでもめぐってみようかな。
東京は、近々日生まで出かけますので、その時にゆっくりできるしね。
明日は、絶対に無理をしない・・・うん、そのほうがいいと思います。


ちょっとだけ愚痴っていい?
あのね・・・すごーく店が暇なのです。
びっくりするくらいね。
滅入る・・・滅入る、滅入る、滅入る。
そんな時もあるさってわかっているんだけどね、滅入ります。
なので、一日作業に没頭するわけですから、来月のイベントに向けては商品がたくさん出来上がって、すごくいいことなんだけどね。
でも、やっぱりお客様の顔を見なくちゃ寂しいです。
もうすぐ敬老の日が来るから、ぼちぼちとお客様の足もこちらに向いてくると思うんだけどね。
なーんか、忘れられちゃってるような気がしてさ、寂しいです。
・・・と、ちょっとだけ愚痴。
ほんとね、この仕事は大好きだけど、難しいよね。
待ち仕事って、本当によく言ったもんだよ。
待つのも仕事ってことだよね。
うん、待ってやろうじゃないの。
はぁ~、ほんと待つ身は辛いわ~・・・。(;一_一)

はい、失礼しました。
ちょっとだけ愚痴。
気持ちよかったです。






【2010/09/08 21:03】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
願いがかなうらしいよ。
あぁ、びっくり。
いろいろびっくりです。

とりあえず、死ぬまでに一度・・・って願っていたことがかなうらしい。
観劇の日は、私は破壊します。
そのまま死んじゃったらどうしよう。
しかし、やれって言われたのか、やりますって言ったのか、すごく気になるな。

で、もうひとつのびっくり。
これは・・・よくわからない。
何がどうなっているんだろうね。





もう9月なんだね。
9月はたぶん休む暇なく、激しく遊び、激しく仕事し、そんな日々になりそうです。
遊びを控えるか、仕事を控えるか、そうじゃないと1か月持ちそうにないな。

久しぶりのブログの更新ですが、肩がパンパンに張っているためこれにて終了。

激しく遊び、激しく仕事するために、いまから富士山など眺めて、心をリラックスさせてきます。
わんこの散歩にちょこっとだけね、行ってきます。
【2010/09/03 09:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。