スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ついに始まりますね。
3月の最後の営業日です。
今月は中旬過ぎからバタバタとあわただしくなって、息つく暇もなかったです。
昨日の晩、今月最後の夜のお食事会を無事に済ませて、本当にホッとしています。
昨日は思いもよらぬ季節外れの大雪でした。
なんと積雪30センチ。
今日は久しぶりにお日様が顔を出しているけど、まだまだ雪は残ったままで、春はまだ遠いなってがっかりしています。
遠いなって言えば、まだ融資の件が結果が出ていないのです。
面接も終了して、「ほぼ間違いなく実行可能でしょう。」というお話だったんですけど、あれから何の連絡もないんですよ。
連絡というか、その先に進む書類が送られてこない。
融資を受けようと思ったとたんに、レジスターが故障したり、ミシンを買い替えたり、ほんと早くしてほしいんだよね。
まぁ、焦らず待とう。
こういうことって焦っちゃいけないと思う。
我慢我慢です。






さて、今日からキスマイコンが始まりますね。
思い消してみれば、去年の春・・・たしか、今頃だったよね。
PZの発表があって、血沸き肉躍る灼熱の夏を過ごし、全国ホールコンサート開催。
まるで、キスマイ君達の発表会でも見ているような、そんな素敵な感覚を味わうことができました。
そして、今度はアリーナコンサート。
私は明日藤ヶ谷さんに会えるんだけど、明日会う藤ヶ谷さんはまたいつもと違っているのかな。
うんと大人になっちゃってたりして。
とにかく、うんと楽しんできます。






帰ってきたら、作品展に向けて怒涛の日々が始まります。
絶対に成功させたいのです。
そのためにも、明日と明後日、体と心を透明にしてたくさんの力をいただいてきます。






スポンサーサイト
【2010/03/30 12:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
くたびれちゃったよ。
なんだかくたびれています。
なんでかっていうとね、横アリに着て行く洋服が見つからなかったから。
どうしても履いて行きたいブーツがあるので、それに合わせて洋服を選びに巨大ショッピングセンターに二日間も通ってしまった。
定休日と昨日の晩とね。
すごく歩いたのです。
そして、見つけられなかったのです。
ほんと、嫌になっちゃったな。
私がもう少し細かったらとか、もう少し若かったらとか、すごく思っちゃったもん。
なので、あるものでなんとかするよ。
とりあえずね、大嫌いなスキニージーンズは買いました。
ほんとは嫌いなんだけど、あのブーツにはスキニーしかないって我が家の小うるさい女子が言うもんだから、それだけは買ったの。
あのスキニーって奴、体の線を出しまくるわけです。
もうね、悲しいかな、足から上のぼよんぼよんを隠さないとどうにもならないわけです。
あのブーツを履きたいばかりに、この数日はくたびれ果てているってわけです。








さーて、なにやら訳のわからない事態になってきましたよね。
withって何?
バックより昇格したって事?
プレゾンは?
まぁ、どんなお仕事があるのか分かっているだけいいのかな。
っと、冷めた気持ちになってみる。( 一一)

だってさ、自分の誕生日に青山劇場に藤ヶ谷さんに会いに行って、そのあと一人お泊りするのはずっと楽しみにしていたことだったんだもん。
シャチョー!
夏に青山に行くのはもう諦めたから、秋にやろうよ。
やってほしいな。








ふぅ、なんかくたびれた・・・。

仕事しよっと。



【2010/03/27 15:25】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
まだまだ小さいよね、私。
作品展のお知らせハガキ作成完了。
作家さん達の分と私の店用と2種類、合計500枚。
ただいま、プリンターちゃんががんばってすりすりしてくれています。
なんだかすでにドキドキしてきちゃったんですよね。
どうしよう、お客様が来てくれなかったら、作家さんたちに申し訳ないし・・・って、すごくドキドキする。
イベントの会を重ねるごとにこのドキドキが大きくなる気がするんですよね。
もうね、ドキドキを通り越して、髪の毛が逆立つ感じ。
十円はげとか出来ていたらどうしよう。
このドキドキを和らげるには、仕事をするしかないのだ。
ハガキの作成が終わって、作家さんたちに渡すことが出来たら、今度は自分の作品を制作するのですよ。
今回は、洋服です!
そして、リバティー商品。
で、余裕があったら布張り・・・これは、無理だと思うけど、一応リストに入れておこう。
キスマイコンまでにダイエットしようとか、食べるものに気をつけて心と体をクリアにしておこうとか、そんなこと思っていたけど、どっかにすっ飛んじゃった。
こうなったら、このドキドキを横アリに持ち込んで消滅させてあげますよ。
ということで、きょうはランチの日。
明日は体験教室。
それが終わったら夜のお食事会の準備だな。
とにかく、明日を乗り越えたら先が見えそうです。

そして、やっぱ、ドキドキする。













と、ランチの時間も終わり、賄いを食べていたら編み物の先生がご来店。
出来上がったハガキを見て大変うれしいお褒めの言葉をいただきました。
そして、作品展中は毎日店番をしてくださるとのことです。
なんか、涙が出そうに嬉しかったです。
あの先生と話していると、すごく元気になれる。
うん、なぜかドキドキも収まっちゃった。
よし、これから落ち着いて仕事しよ。


はぁ~・・・私、まだまだ小さいな。









【2010/03/20 14:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
落ち着け、私。
なんか、大変なことになってきた。
やることが山積み。
別に売り上げがいいわけでも何のに・・・かえって今月厳しいもん。

いや、しかし、この忙しさは絶対に次につながるはずだから頑張ろう。

今夜は、イレギュラーな体験教室がある。
明日明後日はランチの日。
日曜日にはもう一回体験教室。
その後、夜のお食事2件。
その間に作品展のはがきを作らなくちゃ。
う~ん、誰か家族のごはんを作ってください・・・お願いです。(@_@;)



融資の件もまだ返事が来ないし・・・それも落ち着かない。




まぁ、とにかく目の前のことから片付けよう!
ということで、これから家族のごはん作ります。





あっ、自宅の14畳の畳の部屋がこれから自由に使えるようになったんです。
まずは陶芸教室を開催する予定。
その後、ヨガ教室もお願いしようかと思っているの。
なんだか、新しい展開になりそうで、わくわくです。





【2010/03/18 16:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
うかうかしていられませんよ!
あ~ぁ、作品展までの道のりは険しそうだ。
お願いしてあった作家さんの中で二人から思うように制作できなくて・・・と連絡をもらった。
ありえない、この期に及んで「制作できない」とは、いったいどういうことなんだろう。
お一人の方は、身内の方が病気になられて看病しなくてはいけなくなったということで、それは仕方がない。
しかし!
織りの先生!!!
「私、出来ないの~!」はないよ!
びっくらこいちゃった。
でも、お仕事もされているし、あまり無理を言っても作品が仕上がるわけでもなし、諦める。
で、数日間新たに参加してくれる作家さんがいないかと考えていたんですけど、編み物の大先生が参加してくださることになりました。
いつもいつも私の店を可愛がってくれるお姉さまのご紹介です。
この辺りでは大変有名なたくさんの生徒さんを持つ方。
あまりにも大先生で恐れ多くてなかなかお近づきになれないでいたのです。
それはそれで気を使い、大変だと思うけど、そんな大先生が私の店のイベントに参加していただけるなんて、本当に喜ばしい事ですよね。
頑張らねば。
そして、作家さんたち、皆さん期間中にあまり店に来られない様子です。
困った、これまた困った。
私一人じゃどうにもならないもん。
アルバイトを頼もうかと思っているのです。
少し前に、仕事を辞めて家で過ごしている子がいるの。
あともう少し作家さんたちのスケジュールを調整して、どうにもならなかったらお願いしよっと。
委託料無し、諸経費一人3千円で、自分の作品は自分で売るという条件で参加いただいたのにな。
ほんと、なんかプロ意識がないっていうかなんていうか・・・プロじゃないってことか。
せっかくがーンとエンジン掛かっていたのに、クシュンてへこんじゃったよ。
でも、ここで諦めたら駄目。
もう、なじみのお客様には告知しちゃったんだもんね。
なんとか、良いイベントになるように頑張らないと。






・・・と、へこみ切っていたところへ、編み物の大先生がご来店。
なんて素晴らしい!
可愛い帽子と、夏に向けてのベストを10点ほどこれから製作していただけることになりました。
参加費のみ、委託料無しと伝えると、うんとお値段を下げて手頃なお値段にするねと言っていただきました。
そのたもろもろ、涙が出そうなほど素敵なお話をしていただいて、本当に感謝。
思ったことが全て口に出る、ばきばきっとした方でした。






ということで、へこんでいる場合じゃない。
ひとつひとつクリアしていかねば!









【2010/03/16 15:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
商工会
確定申告を終えてから、しばらく考えていたことがあるんです。
まぁ、リアルなお金の問題なんですけどね、簡単に言うと余力がほしいなって事。
ちょっと大きなイベントをするときに、この余力がものを言うのです。
私には、まだその余力がない。
で、一念発起?(あれ、言葉の使い方が違うかも。)
先日、商工会に相談に行きました。
そして、昨晩主人に保証人になってもらう事に成功。
今朝、申し込みに行ってきました。
これから審査なので、融資を受けられるかどうかはまだわからないんですけど、商工会の方は大丈夫じゃないでしょうかって、そう言ってくれました。
私は、この仕事を始めるときに一度融資を受けているんですけど、その時に相談に行った商工会の雰囲気と、今回の雰囲気がまるで違っていたんですね。
ちょうど三年前って、不景気だったかもしれないけど今ほど深刻じゃなかったと思うんです。
で、商工会の方々の私に対する態度は「ちっ、普通の奥さんが、店なんか始めちゃって、お遊びで終わるんじゃないのかい!」って感じ。
ほんと、感じが悪かったのです。
ところが、先日から何度か商工会に足を運んでいるのですが、私が商工会の会員になろうって決意を固めてしまうほど、よく話を聞いていただいて、励ましていただいて、感激です。
たぶん、本当に切羽詰まった方が多いのだと思うのです。
私のように小さな店の話もよく聞いていただき、「頑張りましょう!ここであきらめでは今までやってきたことが台無しになりますからね。あきらめないことが大事です。」と、本当に優しく励ましていただきました。
なかなかね、一人でやっているとどれが正解で、どれが間違っているのか、わからないですもん。
今日は、申し込みに行ったので、2年分の決算書を持参したのですが、それを見た相談員の方がちょっとだけですけど、分析してくれました。
移転リニューアルがあったことなど、きちんと現状を把握してまだまだ利益がきちんと出るところまではいかないってことも言われました。
自分でもそう思っていても、もしかしたらうまくやれていないんじゃないのかなって、すごく心配になる時もあるんですよね。
すごく緊張するけど、冷静に分析してもらうのは必要だなって思いました。
なので、商工会に入ります。
まぁ、田舎の商工会なので面倒なことも多々あるとは思いますが、その時はその時。
もし、これで融資が受けられたら、4月のイベントもガツンといける。
絶対にお客様がたくさんが来るってわかっている時に、ちまちました仕事はしたくないよね。
それにしても、この仕事を始めて三年たちますが、これでよし!って思うときってなかなかない。
たぶん、ずーっとこんな風にやっていくんだろうな。
しかし、主人が反対しなかったのはびっくりだ。
もし、主人が保証人になってくれなかったどうしたんだろう。
ほんと、ありがたいよ。

ということで、今朝から審査待ち。
電話がなるたびにびくびくしています。

融資が受けられたら、まずミシンを購入する。
自分で洋服を仕立てて販売することに決めたんです。
そうしたらお手頃なお値段でオリジナルの洋服を提供できるもんね。
25年使い続けているミシンは、断ち目かがりが出来ないの。
自分の洋服は作れても、商品は作れませんよね。
なので、絶対にほしい。
そして、仕入れに行って材料をしこたま仕入れてくる。
この二つは絶対にしたいのだ。

あとは、大事に大事にね。






はぁ、それにしてもお金の相談てすごく疲れる。
これを乗り越えれば、また仕事に没頭できる日が来るもんね。
ガンバロ!


この件がうまくいったら、思いっきり横アリで燃えられる。





【2010/03/12 14:40】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
人と人。
昨日、洋服の作家さんが自分の作品を全部引上げていきました。
私は寂しかったよ。
なんか、いたって普通に何事もなかったように淡々と自分の作品を車に乗せていた彼女を見ていたらね。
でも、これは喜ばしい事なのですよ。
彼女が独り立ちして、自分の作品展を開催するわけですからね。
うん、応援しましょう。
が、何やらそちらの作品展のほうも、いろいろあるようです。
まぁ、これに関しては私は一切かかわっていないし、口出しもしない。
当たり前のことだけど、独り立ちするってことは大変なのです。
みんな、がんばれ。

私の方はというと、リバティ関連のイベントが今日からです。
リバティは扱い始めたばかりだし、そんなにうまい具合にお客様がたくさん来るとは思っていないのです。
今回は知っていただければいいかなって思っています。
待ち切れずに昨日見に来られたお客様がいるくらいだから、何度かイベントを開いているうちに私の店でリバティを扱っていることは認知されていくんじゃないかな。

そして、明日から始まるランチでは初めて自分でパンを焼きます。
とはいえ、機械の力を借りて焼くことになりますけどね。
でも、レシピをいろいろ考えて、私の店らしいパンを焼きたいと思うのです。
すでに、発酵中ですから、午後には焼きあがるはず。
ゴマちゃんとライ麦のパンなのだ。
今日中に3本焼けるかな。
マシーン君に頑張ってもらわねば。

そして、ある事実が発覚。
ちょこっと意見の食い違いがあって、まぁこの人とはあまり心が通じ合うことはないのかなって思っていた人が、私のことをとても信頼してくれていることが発覚。
人と人のお付き合いって、難しいけどこんな喜ばしい事もあるんだね。
私はほどよくってところがなくて、深く付き合うか表面上のお付き合いかって、どちらかになってしまうんだけど、じっくり付き合って心を通じ合わせるっていうお付き合いの仕方もそろそろ始めるべきかもしれないね。

さて、そんなこんないろいろある毎日ですが、キスマイコンのチケットが無事に取れていました。
楽しみです。
横アリコンサート後、すぐに作品展です。
パワーをたくさんもらってこよっと。

今日は雨だしね、きっと静かだよね。
なので、パンを焼きながら作品展に出展する予定のものを作ります。
せっかくだから、私もちょっとだけ作品展に参加です。

よーっしゃ!
始めるか!!!



【2010/03/06 12:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
3月は透明な心で過ごしたいです。
今日も雨だな・・・。
昨日は朝からとても重たい話を聞いて、珍しく一日心が沈んだままでした。
夕方には近所の奥さんが店を訪れて、これまたご近所のお宅の重たい話をしていきました。
ほんと、生きていくって大変。
なんかしてあげたくてもどうにもならない。
お会いした時に笑顔でご挨拶することくらいしかできないよね。
そして、私は元気に、今の幸せを噛みしめて生活しなくちゃ。
いつまでも、どよんと沈んではいられないです。
昨日は重たい気持ちのまま布団に入って、やっぱり朝は目覚めが悪かったです。
いつまでもこれじゃいけないって思って、なぜか家の私がため込んだ手作りの材料やら、店の作業台のまわりやら一気に片付けました。
沢山のいらないものを捨ててすっきり。
4月の作品展に向けて、気持ちよく作業が進められそうです。
とてもきれいになった作業台の前に座っていたら、最近取りつかれていたくだらない嫉妬心なんかどこかに吹っ飛んじゃった。
嫉妬する心って自分には必要ないと思っているのに、時々悪魔のように私にとりつくことがあるんです。
ダメダメ、どっか行けって思っても、なかなかいなくなってくれない嫉妬君。
しかし今日は、ほんとくだらなく思えたよ。
3月はクリアな気持ちのままずっと仕事が出来たらいいな。
雨でお客様は来店されなかったけど、食事や体験教室の予約の電話が入ったり、作品展にお誘いしたガラス工芸の作家さんがご夫婦で来店されたり、良い感じに空気は流れているようです。
明日は定休日だから、ちょこっとどこかに遊びに行こうと思っていたんだけど、予約で入ったランチの仕込みをしなくちゃ。
遊びに行けないのは残念だけど、お仕事があるってありがたい事です。
美味しいものを食べていただきたいから、じっくりとメニューを考えて仕込みをします。

さぁ、横アリのコンサートタイトルも決まったようだし、そろそろ当落が始まるかな。
なんと、昨晩は申し込んだ公演が全部外れるっていう、すごく悲しい夢を見ちゃったんです。
きっと、夢で残念な思いをしたから、現実はオールOKに決まってる。
先にある、楽しい事に思いを巡らしつつ、お仕事も頑張ろう。
【2010/03/02 18:51】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
幼馴染
あらら、とっても久しぶりな日記になってしまいました。
来月のお知らせやら、月末の事務作業やら、なんだかんだと忙しかったな。
やっと一段落、なーんて訳にはいかなくて、数日後に控えているリバティ関連のオーダー受注会に向けて準備をしているところです。
とはいえ、昨日よりは少し体も気持ちも余裕があるかな。
こうやって日記を書こうと思えるんだもんね。
朝から、今日はあまりバタバタせずに少し自分のために時間を使おうなんて思いつつ実家に顔を出したら、母から思いもよらず情報を聞かされました。
一つ年上の幼馴染の経営していた工場が倒産して、本人は行方知れずになっていると。
もうびっくり。
だって、彼の工場って先々代から続いていたのに。
前から、彼の家の事情が大変なことはしていたんです。
まずは彼のお父さん。
ガンで亡くなりました。
彼のお母さん。
ちょっと前に怪我をして入院中。
そして彼の奥さん。
私より何歳か年下なんですけど、4人の子供を産んでその後子宮ガンで闘病中。
今朝聞いた話だと、この奥さんとも借金の返済の関係で離婚したと。
家も工場も差し押さえられてもう住む所さえないとのことです。
で、どこから借金をしていたのか分からないのですけど、身を隠さなければならないようで、お母様も彼の居場所は知らないんですって。
なのに私は彼に会ってしまったのですよ。
それもこの話を聞かされる数日前に、銀行で会ったんです。
今思うとね、ひげはぼうぼうに伸び放題だったし、ちょっといつもと違った感じだった。
でもね、笑顔で私の肩を叩いてくれて、何か言いたげでした。
彼とはね、青春時代にどのくらい同じ時間を過ごしか、もうほんと兄弟って言ってもいいくらい。
きっとこの近くにはいるんだろうけど、子供とも奥さんとも母親とも離れ離れになってしまって、どんな思いでいるんだろう。
彼の経営していた工場って、いわゆる中小企業で、今この時代にはほんとやっていくのがきつかったと思うのです。
よく言っていたんです。
自分の会社が大丈夫でも、自分の会社に発注してくれた会社が駄目になれば支払いをしてもらえないから、共倒れになるんだって。
すごく大変なんだって。
あぁ、彼の奥さんは大丈夫かな?
40歳を過ぎて出来た4人目の子を大事そうに抱っこして、「かわいだろ~。」なんて目を細めながら言って、私に抱かせてくれたのに。
なんだか、朝から心が重いです。

でもね、ほんと、自分がすごく幸せに感じられますよね。
そして、もっともっと無我夢中で頑張るべきだよねって、そうも思います。
もっともっとやれることがあるはずだもんね。

彼の心に暖かい日差しが差し込む日が戻ってきますように。
そしていつか、あのきらきらに輝いていた青春時代の思い出話を肴に仲間たちと集まってお酒でも飲める日が来ますように。

【2010/03/01 13:09】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。