スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
浸ってばかりいられない、日常の生活が戻ってきています。
昨日の名古屋の余韻にどっぷり浸っていた私ですが、朝からどーんとテンションが下がる出来事が発生。
う~ん、まぁ人の考え方って本当それぞれだから、ひとに自分の考えを伝えても、それに従うかどうかはその人次第。
手作りをしていると、時々ぶつかる「オリジナル」という言葉の壁。
それを自分がどこまで意識するかって、本当に人それぞれですよね。
親しい人に、私の作っているもののオリジナルという言う意味での指摘を受けました。
私、作品展に向けてものすごく勢いが出てきていて、ちょこっと背中を引っ張られてしまった気がして反抗的な言葉を言ってしまったんです。
「細かいことにこだわっていると、幅が狭くなる。」ってね。
大人として、教えてくれた人にきちんと同じようなものを作りますという報告をするのは当たり前の話。(全体的な作品に対してではなく、パーツに対してね。)
でもね、作る段階からそこばかり気にすると絶対に作りたいものが出来上がらないよね。
オリジナルという言葉を追及していくと、難しくて頭が痛くなる。
どこから自分の手で作り出せばいいのかわからなくなる。
でもね、少し冷静に考えてみたんだけど、せっかく指摘してもらったのでこの際そのパーツは使うの辞めます。
だって、「これって、あの時あの人が体験教室で教えてくれたあれだよね。」って思われるのは絶対に嫌だから。
人に教える時点で、それは自分の手を離れるんじゃないかとも思うけど。
私としては、かなり自分のオリジナルのものに近付けて作ったつもりでいたんだけどね。
まぁ、作品展に人真似をして作ったパーツを使っていると思われたくない。
なので、今日は全部撤去します。
新しいパーツを考えよう。
たぶん、私のことを思って伝えてくれたんだもんね、ありがたく受けとってきちんと自分のオリジナルのものを見つけよう。
次に会ったときには、きちんとその気持ちを彼女に話そう。
私、作家と呼ばれなくてもいい。
作りたいものを自由に作れる人でいたいな。



ふぅ~、朝から白熱した議論をしてしまって、すごく疲れたな。
昨日の名古屋の余韻よ、もどってこ~い!
ということで、昨日の楽しかった思い出を書こうかな。
昨日は、主人が車を出してくれるということで、運転手つきの豪華遠征ツアーとなりました。
オーラスは長女が初めて参戦するということで、辛口批評の彼女の反応がとっても気になっていたんですが、思いのほか彼女はノリノリでした。
で、その批評です。
「今日の藤ヶ谷さ、かっこよかったよね。もう大人だよね。」
ということです。
うん、うん、そうでしょそうでしょ!
そして、宮ゲーコーナーで一番盛り上がっていた長女は、家に帰ってきてから「あのオタク度はまだまだ中途半端だ。」と言って、本物のオタ芸を踊って見せてくれました。
なんで、長女がオタゲ芸にそんなに詳しいのかは謎ですが、その踊りっぷりがとてつもなく男前で、次女と二人拍手喝采してしまいました。
ぐっと腰を落とし、目線は遠く、手をぶんぶん振りまわし、たぶん、キスマイのだれよりも男前のオタ芸だなあれは。
あっ、コンサートの話だよね、長女のオタ芸はどうでもいいね。
名古屋の藤ヶ谷さんはこれで最後なんてしんみりした雰囲気は無ったくなく、最後の最後までジャニーズ藤ヶ谷太輔を見せてくれました。
夏のプレゾンから、藤ヶ谷太輔はどんだけ大人になったんだろうか。
もともと考え方が大人ってささやかれていた彼だから、あれだけの大きな仕事をこなしたこの半年間の成長ぶりって半端ないんだろうな。
プレゾンでも、全国ツアーでも、セクシーだったり無邪気だったり、そんな姿にいつもドキドキしたけど、一番私の心に残っているのは真摯な態度で仕事に向きあっている姿かな。
実はね、今だから話せるけど、プレゾンで遠征したり全国ツアーも遠征したり、ちょこっと金銭的にも時間的にも無理をして、気持がジャニから離れたいなって思う時期もあったんです。
ほんと、これは今だから話せます。
もう、ついていけないよ~ってね。
藤ヶ谷さんはますます魅力的になって行くし、隣の女の子や次女には手を振って、私には何でしてくれないの?なんて小娘みたいなことでいじいじしたこともあります。
その、理由ははっきり分かっています、おばさんだから。(^_^;)
私もこの半年間、いろいろ思ったな。
でも、全国ツアーも終わり、一区切りついた今思うのは、やっぱり藤ヶ谷さんを観続けていたいということ。
うん、その一言に尽きます。
はぁ~、眼をつぶると一番思い出すのは、千太郎君の横で白シャツをはだけさせて踊る藤ヶ谷さんです。
誰にも言いませんでしたが、私的にはこのシーンが一番好きでした。
二番目はもちろんマリアのあのシーンです。(*^。^*)

そして、昨日お会いできてユウコさん、みやこさん。
「私、今日は普通です。」と言っておきながら、お二人のコートの前をはだけさせ、着ているものを見せろと、大変厚かましくも失礼なお願いをしてしまって、ごめんなさい。
お二人とも、とっても素敵ないでたちでした。
いつか、コン後の一杯をご一緒したいと思っていますので、よろしくね。(^^)

いろいろ思うこともあった半年だったけど、素敵な方々にもで会うことができて、やっぱりいい時だったなと思えます。
また来年、彼はどんな素敵な時間を作ってくれるのかな。
楽しみで仕方がありません。
まだ、2009年はもうちょっとだけありますけど、コンサートの余韻に浸りつつ、新しい年を迎えたいなと思います。
次は滝沢革命ですね。
最近になって「人生革命」にも興味が出てきたんです。
来年になったら、チケット探そうかな。

さぁ、来年のお楽しみもきちんとあるし、仕事も考えていかなくちゃいけないことがあるし、がんばらなくちゃね。











ありがとう、藤ヶ谷太輔さん。
近い将来、必ずCDデビューできるよ。
だって、私の応援している人って、必ずトップに立てるんだもん。
いつか、あなた一人を中心に全ての人が動いてくれる舞台に立てる日が来る。
その日を楽しみにしています。



あっ、藤ヶ谷さんが動くたびに一本のピンスポが微妙に動くの。
これ、これが見たかったんだよ。
感動でした。




スポンサーサイト
【2009/12/28 14:34】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
うわぁ~、静かだよ~ん。
私、今朝から誰とも話をしてないような気がする。
こう静かだと、何もかもがあきらめがつくよね。
なので、まだこんな時間だというのに不思議ちゃんな作品が出来上がっちゃいました。
店のブログにはまだお披露目できないので、こちらで一足先にお披露目しちゃいます。

001.jpg

天使のリース。
う~ん・・・実は、「白鳥」というテーマで作っていたんだけど、天使っぽいよね。
まぁ、羽を使ってということなんで、ネーミングの違いのもんだもん、どっちでもいいよね。
これ、まだまだ羽を発注してあるので、もう少し温めてから完成となります。


そして、もう一つ。

003.jpg

「白」「羽」を使ってのアレンジ。
ちっちゃいのです。
う~ん、これももう少し温めましょうかね。
なんとなく、不完全燃焼な気がする。
まだ不思議まで行ってないな~。

この2点をハガキの画像として使ってもらおうと思っていますので、その後「黒」をイメージした不思議ちゃんを作る予定。

で、その後まだ時間に余裕があったら、「ヘンゼルとグレーテル」です。
甘ーい誘惑の世界。
出来るかな。

ふしぎちゃんは作るのはおもしろいんだけどね、なかなか材料の調達が難しいです。

さて、頭をぎゅーって使ったんで、これからはお楽しみな時間。
ちょこっとプレゼントをしたい方がいるので、工作します。
まだなーんにも思いつかないんだけど、作り始めたらどどーっと作れちゃいそうなのです。
ちっちゃくてかわゆいものをつくろっと。
でも・・・ピンクの羽がまだ到着しないんだよね。
あれ使いたいのに。
早く来~い!










話は変わりますが、もうすぐ名古屋コンなんですよね。
明後日なんです。
ドッキドキなのです。(*^。^*)
名古屋は長女も行くので、次女と三人で何着ていこうかなんて話していたんですけどね、この一年の太躍進の集大成のステージですよね。
フォーマルで行く?って話になったんです。
今から、コンサートで着ていてもおかしくないファーマルな装いを買い物に行くなんて時間はないので、冗談半分の会話だったんですけど、よく考えたらほんとに記念すべきステージが見られるんだなって思います。
フォーマルか・・・会場で浮くだろうな。
いやぁ~、それにしても楽しみです。
この楽しみなドキドキをもう少し楽しんでいたい気もする。






さてと、羽の到着まで他の材料を揃えますかね。
そっか、今日中作っちゃわないといけないんだね。
うん、やるぞっと!







【2009/12/25 14:44】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
仕事モードになれないの・・・なぜ?
珍しく、お仕事モードになれない私です。
なんでだ?
まぁ、たまにはこんなこともあるさ、一日は長い。
今日は暗くなってからの作業になりそうです。

昨日、父が退院しました。
ご心配をおかけした皆様、本当にありがとうございました。
先日、横アリでお会いした皆様にも大変ご心配していただいて、心から感謝しています。
父はまだまだ通常の食事はとれませんが、家に帰ってこれた安心感からか、とても良い表情をしていました。
来月から抗がん剤の治療が始まると言っていました。
焦らずに、ぼちぼちとやって行ってほしいと思っています。
問題の妹ですが・・・父の退院がよほどうれしかったらしくて、「今日はスキヤキ!」と言って仕事に出かけたそうです。
父いわく「肉は無理だ・・・。」だそうです。
まぁ、皆が笑顔でいてくれることが私の幸せです。

昨日は定休日だったのですが祭日でしたよね。
父の所に行ったり、たまりにたまった主婦仕事をしたりしていました。
実は、店の作家さんたちから「面白い店があるから出かけよう。」と誘われていたのですが、断っちゃったんです。
行きたかったな。
ちょっとごちゃごちゃっと溜まった用事があったので、出かけるのは断念したんです。
その代わりと言ってはなんですが、美容院に行ってきたんです。
髪色をね、ちょっといじってきました。(^^)
明るいラインを数本入れてもらいました。
田舎では、この髪色は集団生活をする場所では受け入れてもらえないでしょうが、そこは個人事業主、だれにもおこられないも~んってなもんで、思い切って遊んでみました。
名古屋コンに向けて気持ちをもっともっと盛り上げたいって言うのもあったのでね。
家族の反応が心配だったけど、主人は全く気が付いていない様子だし、子供たちは「もっと派手にして来ればよかったのに、なんだか中途半端だね。」だって・・・がっくし。
いいの、お母さんは気に行ってるんだからさ。(*^^)v

さて、仕事モードになれないなんて言ってないで、ちゃちゃっと始めますか。

朝、納期の問い合わせをした問屋さんからまだ連絡がないんだけど・・・?
あそこ、いつも遅いんだよね。
お客様からなるべく早くしてほしいって言われてるんだよね。
仕方ない、もうちょっと待ったらこちらから連絡入れてみよう。
【2009/12/24 13:33】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
当たり前のようにね、あそこにいました。


19日
今、ここに19という数字を書いて思い出した。
12月19日って、正真正銘、私の店の1歳の誕生日じゃん。
コンサートに行けることに浮かれ過ぎていて、まったく思い出せなかった。
おばかさん。
解っていれば、もっともっと感動できたのにね・・・ってあれ以上心が揺さぶられたら、現実の世界に戻ってこれなかったね。
今年は、誕生日にも藤ヶ谷さんに会えたし、店の誕生日にも会えて言うことなしだったな。
私は本当に幸せ者です。
そして、ぶっ壊れちゃった状態の私をお見せしちゃった皆さん、本当にご迷惑をおかけしました。
機関銃のごとくおしゃべりしちゃって、これからコンサートで、ちょっぴり緊張気味の皆さんには、たいへん面倒な空気をお伝えしちゃったですよね。
ユウコさん。ユウコさんをハグ寸前の私でしたが、たぶんあのぶっ壊れた状態の私は、ハグしたらユウコさんを窒息死させちゃうだろうと思いましたので、寸前で思いとどまりました。
そして、コンサート後のお花畑な私に、またまた素敵なお友達を引き合わせていただいてありがとうございます。
幸せな気持ちが百倍になりました。
ミキティーさん。次女が「話しているだけで、幸せな気持ちになれる人だね。」って言っていました。もちろん私もです。あの、ブレスレットをしていてくれてとっても嬉しかったです。いいことあったかな?
みやこさん。初対面とは思えなくて、厚かましい態度でしたね。失礼いたしました。
また、名古屋でお会いできるのを楽しみにしています。
じょにでさん。ずーっと会いたかったのに会えなくて、一年ぶりの再会には感動しちゃいました。
たくさんたくさん藤ヶ谷さんとの時間を楽しまれて、今頃は夢から覚められない状態じゃないかな。
またいつか、きっとお会いできると信じています。
お嫁に出したあの子にも会えて、うれしかったです。(^^)

久しぶりに体も脳も壊滅状態でした。
このコンサートに行けることになった時に決めたんです。
せっかく行けることになったんだから、誰にも遠慮せず、そして次女の冷たい目線も気にせずに、思う存分楽しもうって。
踊りまくってやるぞってね。
マリアの藤ヶ谷さんをしっかり目に焼き付けるぞってね。
ほんと、楽しい時間だったです。
藤ヶ谷さんは当たり前のように横アリで自分たちのコンサートをしていました。
ほんと、当たり前のようにね。
普通にあそこにいたの。
う~ん、あの日どれだけ藤ヶ谷さんが素敵だったかってことが、なかなか言葉になって出てきません。
うん、いいの。
私の心の中にじわじわっと、残っているもん。
ありがとね。
またまたがんばる力をもらえました。
今度は名古屋だね。
その日を楽しみに、いろんなことが頑張れます。

マリアを歌うあの姿は、宝物。
私が女でいられる瞬間です。(あっ、なんか恥ずかしい。)
名古屋でも、また素敵な時間を過ごせるのかと思うと、待ち遠しくて仕方がありませんが、ここはひとつ、頭を冷やしてお仕事に励もうと思っています。

帰ってきて早々、父の退院が決まり、1月の不思議展にとっても素敵な方が参加してくれることも決まり、とても心強い協力者も現れて、良いことづくめなのです。
なので、今晩から創作活動に取り掛かります。
だいぶ、プレッシャーがかかってきたので、ががーっと手が動きそうなんです。

ありがとうね、藤ヶ谷さん。
すっごく元気になれました。
気持ちを透明にして会いに行くと、本当にたくさんのエネルギーをもらえるのです。
さてと、不思議な世界にしばし行ってまいります。
不思議を作るんだから、不思議な世界に浸らなくちゃね。
藤ヶ谷さんの声を聞きながら・・・うん、不思議な私になれそうです。

【2009/12/21 16:57】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
やっぱり師走は慌ただしいね。
なんだか気のから地面がぐらぐら揺れていますね。
私の住んでいる地方では、騒ぐほどでもないけど、ちょっと備えた方がいいかな的な揺れが今も続いています。
「もうちょっと、大きくなってきたら逃げるぞ!」的な気持ちで生活しています。
明日は横アリだって言うのに、なんとなく不安です。
こりゃ、ちょっと早めに出て新横浜に到着しえ置いた方がよさそうですね。
早起きしなくちゃ。(^_^;)

人並みに師走の慌ただしさを感じています。
仕事じゃなくて、私生活の方でですけどね。
店は静かです。
こう静かだと、諦めがつきますね。
みなさん、ゆっくりお茶しようねなんて言ってられないんでしょうね。
私も、自分のお楽しみと地区の行事や子供のバレエ教室のクリスマス会など、店を休んだり早じまいが多くなります。
今日も、先日の婦人科の定期検診の結果を聞きに行って、その足でもろもろの用事を済ませてきて先ほど店を開けました。
道がさ、混んでるの。
嫌んなっちゃった。(--〆)
婦人科の検査の結果は異状なし。
ほっとしました。

ということで、最近の私は1月にある「不思議展」の作品製作に没頭しているわけですが、まだまだ頭の中でイメージが出来上がってこなくて四苦八苦しています。
不思議じゃないとダメなんだって。
で、すぐに売れちゃうような普通のものじゃダメなんだって。
「ぎょっ!」
とか、
「げっ!」
とか言わせないとダメなんだって。
面白いって思っていたけど、なかなか大変です。
長女が参加したいと言い出して、お菓子の家を作るって言っていたので、大まかなくくりは「メルヘン」かな。
とりあえず、作業台の上はボンドやらカッターやらワイヤーやらでごちゃごちゃ。
私、ごちゃごちゃしていないと作れないんです。
片付けちゃうとダメなの。
あと30分ほどで、発注してあったドライフラワーが届くそうなので、そしたら作業開始だな。
お勉強教材も来るので、今日中にやっつけてやろうじゃないか!





それでは、やることやって横アリに出発しますね!



【2009/12/18 13:46】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
私は私なりでいいのだと思う。
先日、古くからの友人が店に遊びに来てくれました。
一緒に子育てをしてきた彼女は、本当に考え方が私とそっくり。
べったり感のない友達関係が保てる数少ない私の友人の一人です。
で、彼女は実家にいる私の妹の上司でもあるのです。
たぶん、最近の妹のことも気になって私に会いに来てくれたんだと思うのです。
妹ね、父が入院してからのある日に、お昼休みに仕事仲間の前で号泣したんだって。
これね、さらっと聞くと「お父さんがガンで入院したんじゃ、ショックだし看病も大変だもんね。」って思えますよね。
しかし、職場の上司でもありケアマネージャーをしている友人には、病人や老人を抱えた家庭の一番危ない状態なのだそうです。
父は77歳。
そろそろ体が衰えて、何があってもおかしくない年齢。
周りの家族も少しづつ覚悟を決めて、その日に備える。
この気持ちがないと、病人と家族が共倒れになるんだって。
病人と一緒に食欲がなくなってしまったりすれば、みんなが体力がなくなる。
ましてや、子供達は親のおろおろする姿を見て、不安定になる。
はい、もう私の実家はどつぼにはまっております。
もともと神経質な三人の子供たちは、二人が神経性胃炎、一人が新型インフルエンザになりました。
まぁ、母は仕方がない。
夫婦ですもんね、父より11歳年下の母は毎日病院に行っては父のベットの横でうなだれております。
一番元気に家庭の中を明るくしなくちゃいけない妹は、これまた父が熱が出ちゃったからと言っては仕事を休み、父の所に行っては「お父 さんがいないとこまる。」とめそめそしているらしい。
私と主人が時々父を見舞うと、父が言うのです。
「俺がいないと、どうにもならないらしい。家のことが心配で仕方がない。」と。
友人と話していて思ったんですけどね、私はすでに実家を出て23年経ちます。
実家はとても近いところにあって、頻繁に顔を出すけど、やっぱり23年の間に私は嫁ぎ先の人になっていて、アクシデントがあっても実家との考え方の違いを感じることがあるんですよね。
私は私の思いで父を励ますことにします。
私はもう、あの家の人じゃないんだもん。
どうしても一緒にめそめそはできないの。
たぶんね、父は私が仕事をバリバリして、いつもいつも元気でいることを望んでいると思う。
父の所に行くときにはおしゃれをして行くよ。
父は私が綺麗にしているのが大好きなんだもん。
一時期具合の悪かった父もだいぶ落ち着いてきて、そろそろ流動食が始まるらしいのです。
食べることができれば、ちょっとづつ元気になって行くって友人が言ってくれました。
友人は帰り際に、「○○さんまで、お父さんと一緒に病人みたいになっちゃっているのかなって、心配していたんだよ。でも良かった、元気で。」と言い残して帰って行きました。
大丈夫。
若干47歳ですが、親の老いは冷静に受け止められています。
それにしても・・・妹は、子供たちの体調が回復してもまだ仕事を休んだままらしい。
困ったものだ。
よく考えたら妹も44歳。
そろそろいろんなことに覚悟を決めないといけないよね。
たぶん、甘やかして育ててしまった母と父と私がいけないのだなと思う。
なので、私はこれからガツンと厳しくしてやることに決めました。
あっ、嘘です、あいつ癇癪持ちだから後が面倒なんだよね。
私は私で、何事も冷静に見て行きたいと思う。

ということで、一時期は行けなくなりそうだった横アリも名古屋も無事に行けそうです。
う~ん、楽しみ!
あのひ、友人が来てくれて本当に救われた。
妹と母の落ち込んだ顔を観続けていて、私のほうまでぐっと気持ちが落ちていたんだもんね。
うん、大丈夫、何もかも言い方に向かうに決まっている。
今はそう思えます。



【2009/12/15 20:04】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
決断しなくちゃ!

フェアが終わってから、予想通りに静かな店です。
まぁ、これは想定ないということで、新メニューやら、ドライフラワーのお勉強やら、やりたかった事を進めています。

でもね、気がかりなことがあるのです。
父の回復が思わしくないのです。
なかなか食事が始まらない。
もう一か月も点滴だけの生活。
そして、数日前から熱が出はじめて、お見舞いに行っても薬のせいでずっとうつらうつらしています。
悪い事ばかり想像しちゃう。
現実を受け入れるしかない状態です。

うーん、ちょっと心の中に重いものがあって、横アリとか名古屋とか、諦めないといけないかなって思っています。
名古屋はほぼ諦めました。
横アリは、1公演だし近いから半日家を空けるだけで、行ってこれるもんね。
もう少し様子を見てから決定しようと思っています。
でも、行けなくなったらチケットどうしよう・・・。
ほんと、どうしよう・・・。
行けないってことになったら、私自身はすっぱりと諦めはつくんだけど、空席を作るのは忍びない。
早めに決断だな。











一年目のご褒美が出来上がりました。

020.jpg

【2009/12/12 15:20】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
フェアが無事に終了しました。

終わったよ~!
1周年記念フェアが無事に終わりました。
6日間連続のランチに、はずれ無しのくじ。
作家さんたちの新作を並べて、派手ではないけど、私の店らしく過ぎた6日間だったと思います。
ありがたいことに、毎日ランチに予約が入り、今日はお断りするお客様がいたりして、大変申し訳ないことをしてしまいました。
本当に感謝の気持ちでいっぱいの6日間だったな。
2年目に向かうためのエネルギーをいただいた日々でした。

フェアは終わったけど、新たに2年目が始まるわけです。
2年目に頑張ることの準備は万端。
明日はお勉強教材の第一回目が家に届きます。
楽しみ!
すでに、資料として取り寄せた本は今日届いています。
オリジナリティーを出すために、あるものも作ってみようと思っているのです。
染め布の花。
ドライな植物と合わせたら、素敵だと思う。
しかし、まずは基本のお勉強ですね。
わくわくしちゃいます。




明日は、定休日。
朝は寝坊をするぞ!
お蒲団の中でぬくぬくするのだ。
遅めの朝食は藤ヶ谷さんを見ながら食べよう。

はぁ~、体中の力が抜けて、ほよほよです。(*^_^*)
あっ、そうだ。
母と、アクセサリーの作家さんと洋服の作家さんに無事に終わったことを報告しなくちゃね。
みんな、それぞれに作品がお嫁に行って、よかったよかった。




一年頑張ったご褒美に買った天然石

002.jpg

ルビー



005.jpg

オニキス



ピンクの中にいろいろな色が混じっている石が欲しかったのですが、なかなか難しい。
↑のルビーは、ものすごくきれいですごく気に入ったけど、藤ヶ谷さんのイメージではないかな。
しかし、さざれ石でもルビーはルビー。
とてつもなくきれいな色をしています。

どちらも、アクセサリー作家さんが持って来てくれる藤ヶ谷さんのイメージの石と合わせてネックレスになります。
これまた、わくわく。
今週中に、講習会を開いてもらって、自分で製作。
出来上がったら、画像をお見せしますね。

横アリと名古屋にしていくのだ!



【2009/12/08 19:54】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
横アリを前に思うこと
1周年記念フェアも、残すところあと一日。
実に落ち着いた、私の店らしい空気が流れている数日です。
私は、通常の業務のときよりもだいぶ忙しいですけど、店全体はいつも通りにゆったりとした空気が流れているのです。
でもね、これって私が作っているのではないんじゃないかと思うようになってきたんです。
私の店に集まってくる方々が、そういった空気を持っているのだと思うのです。
その中で私が生きているのだと思う今日この頃です。(^^)

今日は、これから勉強していこうと思っているものの、教材や資料の手配が終わりました。
早く届くといいな。
私が勉強したいのは、ドライフラワーアレンジメントです。
なぜか今まで興味がなかったものに、突然惹かれるようになったのです。
なんとかがんばって、店で体験教室の講師ができるまで頑張ります。
そして、引き続き織りと染めはやって行くつもり。
このフェアが終了したら、体が空くのでこの冬の間にドライフラワーと染めと織りの作品をどっさりと作るつもりでいます。
春になったらまた忙しくなるもんね。
たぶん実現するはずの2月に行われる「不思議展」には、ドライフラワーのリースで出店しようかと思っています。
すごく奇抜なもの、不思議なものというのがテーマなので、思いっきり自由に作って見ようと思っています。
このときの私の作家ネームは「f」にしようと思っています。
この作品展は、わたしが主催じゃないので、とりあえず開催されるという予定で、作品作りに励みます。








さーて、フェアがあと一日ということで、私の気持ちにもだいぶ余裕が出てきました。
そして、もうすぐやってくる横アリコンが楽しみで仕方がありません。
前回仙台で藤ヶ谷さんに会ったあと、藤ヶ谷さんがあまりに魅力的で私の細胞が革命をおこしちゃいまして、恋心がぼろぼろっと崩壊しちゃったんです。
言葉で説明するのがすごく難しいのですけど、嫉妬心とか独占欲とか、私の大嫌いな欲が体中を駆け巡っちゃった。
でも、もう大丈夫。
私は自分なりの楽しみ方で、横アリで藤ヶ谷さんとデートします。
革命だって、客席に座れば、そこは私と藤ヶ谷さんの世界なのです。
そんな楽しみ方すら忘れちゃった私って、あの頃は自分に自信が無くなるほど無理をしていたのかもしれないな。
まぁ、ちょこっと無理をしつつ仕事をするのは、これからもやめられないけど、藤ヶ谷さんに会いに行くときだけはナチュラルでいよう。
最近、朝の仕込み中にプレゾンのDVDのお芝居の方を流しているのです。
これね、最高に仕事がはかどるんです。
しばらく私の店は、開店前に「太陽からの手紙」が上演され続けます。(^^)


【2009/12/07 20:47】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
先のことが楽しみに思えてきました。
1周年記念フェアが4日目を終了しました。
今さらながら気がついたことがあるんです。
お客様の中に、イベントのときにだけ来店してくれる方と、イベント事に関係なく、来店して下さる方がいるのだなと。
この4日間は、久しぶりにお会いするお客様が大変多いのです。
ありがたいことです。(^^)
今回のイベントは私にとってもとてもいい時間を過ごせています。
2年目に挑戦したいことも見つかり、店としても挑戦したいこともそろそろ告知の時期かなと思っています。

自分の挑戦したいことは、私が講師をする体験教室の準備。
本当は織りの講習ができればいいのですが、織りって一回きりの講習ではなかなか楽しいところまで行かないのです。
そこで、自分でやってみたいことがあったので、それをきちんと身に付けて講師ができるまでの技術を習得することにしました。
えっと、こちらはまだ準備段階なので、もう少ししたら発表しようと思っています。
そして、店として挑戦したいことは、作家さんの作品の展示。
期間を決めて展示販売をする。
若いお母さんたちの中にもなかなか味なものを作る方もいるので、なかなか発表できない作家さんのお手伝いができたらなと思っています。
店の中に少しづつ新しい風が吹いてくれたらなとも思います。
これから店を長くやって行くためにも、これはとても重要なことだと思っているのです。
仕入れ物も楽しいけど、やはり心の入ったものを扱っていきたい。
こちらはそろそろ告知をして、作家さんを募集したいと思っています。
あまり欲張らないように、2年目の目標は自分の体験講習を開くことと、新しい作家さんとの出会いに決めました。

11月の大きなイベント参加を終了してから、スランプっていうのでしょうか、営業面での私のスランプの時期だったなって思うのです。
これね、すごくきつかったです。
作家としてのスランプって、少しじたばたしてみたり、のんびり構えたりすると自然に気持ちが持ち上がってくるんだけど、営業面でのスランプって、結果を出さなきゃいけないというプレッシャーもあって、凄くつらかったな。
こうやって、自分の店らしいイベントをやってみて、ちゃんと自分の店が必要とされているのだなって思えて、やっとやっとトンネルから抜け出せたような気がします。

何事もね、いいことばかりは続かないのですよね。
谷があって山がある。
ずしーんと落ちて行く時もあって、ぐいぐいっと登っていける時もある。
このクリスマスの時期を超えたら、店は静かになる時期です。
平常心でいられたらいいな。

今日は、子供たちが出かけた先ですごくおいしいアイスクリームを買ってきてくれたので、これから少クラを見ながら食べます。(^^)/
あっ、私、3キロほど太りました。
もうすぐ横アリなので、本当だったら少し絞りたいところだけど、無理。
横アリも、名古屋も私はぽこぽこちゃんで行きますよ!
このイベントが終わったら、横アリに着て行く服を考えよう。
あ~ん、久しぶりに会う藤ヶ谷さんはどんなふうに進化しているかな。
あっ、また置いていかれないように、気持ちをしっかり持って会いにゆかねば!
うん、そうだ!その日までに私が次に習得する物の準備をしっかり整えよう。
何もかもが楽しみだ。(*^。^*)
【2009/12/06 20:08】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
1周年記念イベントは、感謝の気持ちでいっぱいです。
1周年記念フェアは二日目を迎えています。
昨日はあいにくの雨でしたが、ランチのお客様とお買いもののお客様でたいへん賑やかな初日を迎えることができました。
今日はお世話になっているお姉さまとアクセサリー作家さんが親子でランチをしにきてくれたり、懐かしいお客様の顔を見ることができたり、やっぱり嬉しい一日です。
「1周年おめでとうございます。」と皆様に言っていただいて、お客様に感謝の気持ちを伝えるフェアが、私自信が嬉しい言葉をいただく時間を過ごしています。
相変わらず、皆様とてもマイペースでお買い物をして、私の店らしい記念のイベントになっています。
あと4日続くランチもほどほどの予約が入っていて、ありがたいことです。
こうやって、きちんとお客様と向き合えるイベントが私の店には合っているのだと思います。
冒険も大切だけど、私の店らしくというところはキチンんと心にとめておかないといけないと思う。
昨日は洋服の作家さんが手伝いに来てくれたんですけど、私の店のことを熟知してくれていますので、お客様のお相手もすばらしい。
一日無給で仕事をしてもらって、申し訳なかったな。
いつかきっと、このお礼はしなくちゃね。

いつもイベント前の数日は緊張感からか眠れなくなってしまうんですが、今回は浅い眠りの中で藤ヶ谷さんの夢を見ました。
目覚めたときには内容を覚えていたんだけど、今はまるで思い出せません。
なんだかとってもスケールの大きい物語だったような気がする。
ドラマで言ったら大河ドラマみたいだったと思う。
プレゾンのDVDを見てから眠ったからだと思うんだけど、眠れないほど緊張しているイベント前に藤ヶ谷さんの夢を見れたのはとてもうれしかったです。
あっ、そうそう。
そろそろ、藤ヶ谷さんを語ることを、こちらのブログに戻そうと思っています。
やっぱりね、私の生活からきっぱりと藤ヶ谷さんの所だけ切り抜くことはでき無いなって思います。
そして、この数ヶ月胸の中でいろいろ思ったことがあり、それも穏やかに治まってきましたので。(^^)
ちょこっといろいろ考えてしまった数ヶ月のことは、またゆっくりとここに書きたいと思っています。
プレゾンのDVDを見て確信したのは、私は男として生まれ変わるなら、藤ヶ谷さんとして生まれたいということです。
男じゃなくても、藤ヶ谷さんの女子バージョンにも生まれてみたい。
うん、これについても時間に余裕のある時に語ってみたいと思っています。

イベントもいい調子ですし、藤ヶ谷さんへの恋煩いの絶好調だし、お肌の調子も戻ってきたし、父の術後の回復も好調だし、うん、がんばろう。(^^)/





【2009/12/04 16:13】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
すぐ目の前じゃん。
あれよあれよという間に日々は過ぎてしまい、あっという間に1周年記念フェアじゃん。

ばったばたと色々あったからな・・・というのは言い訳だね。

今日は、あのDVDが届いているはず(郵便受けを覗く時間も無かった)なので、早めに仕事を切り上げよう。




今年もあと一年か。
ほんと早いな。
時間に流されず、しっかり地に足を付けてやっていかないといけないなと思う。




実は、フェアを目の前にして、かなり緊張しています。
多くは望まないけど、記念のイベントだから賑やかになってほしいと思う。




明日は定休日だけど、イベント準備で休日返上だな。
父のお見舞いにも行ってこなくちゃ。




今ね、郵便受けが気になって見に行ったら、ちゃんと届いてたさ、あのDVD。
明日の準備も含め、忙しくなるもんね、やっぱり今日は早めに仕事を切り上げよう。
そして、夏のあの日々を思い出そうと思う。







【2009/12/01 17:19】 | 未分類 | トラックバック(0) | コメント(4) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。